今回のコラムでは昼職と掛け持ちして風俗で働くメリットやデメリットをご紹介していきます。

風俗と昼職を掛け持ちするメリットやデメリット

昼職と上手く両立させたワークスタイルを作ろう

風俗で働く女性は意外に多いものですが、
中には昼職や学校と掛け持ちしている女性もいます。
風俗を専業にしてガッツリ稼ぐのか、
昼職と掛け持ちで働くのか悩んでいる女性も多いかと思います。
掛け持ちと専業のメリットやデメリットについて
2回のコラムに分けてご紹介していきます。
まずは掛け持ちのメリットについて。
最大のメリットは短時間で昼職以上の
高収入を得る事ができることです。
2~3時間で昼職の倍以上稼ぐことも不可能ではないので
非常に効率的ですよね。
次のメリットはいつでも風俗を辞める事ができること。
風俗で働くことが体力や精神的にキツくなってきたら
いつでも辞める事ができるので心に余裕が持てます。
またお金が必要になった時でも簡単に
仕事を再開することもできます。

笑顔の女性

続いて掛け持ちのデメリットについて。
まずは働き過ぎて体調を崩してしまう恐れがあること。
短時間で高収入を得る事ができる風俗ですが、
お金欲しさに無理に働き過ぎたり
睡眠時間を削ってまで働いてしまって
体調を崩してしまうことがあります。
最悪の場合は昼職にまで影響が出てしまう恐れもあるので
体力に自信が無い人にとって掛け持ちは非常に大変でしょう。
次のデメリットは昼職中心の勤務になってしまうこと。
昼職で繁忙期や残業があるとどうしても風俗で働く時間が短くなったり
出勤日数を減らさなければいけなくなります。
お金が必要な場合でも思うように働く事ができないので
お金が稼げなくなるという状況になります。
もし仮に高い目標金額を設定していたのであれば
中々目標を達成する事は難しくなるでしょう。
以上、昼職と掛け持ちすることの
メリット・デメリットについて紹介しましたが
如何でしたか?
もし掛け持ちを考えている方がいるのならば
自分に無理がない様に働く必要がありますね。
次回の風俗コラムでは風俗専業で働く
メリットやデメリットをご紹介するので
楽しみにお待ちください。