今回のコラムでは風俗専業で働く事のメリットやデメリットをご紹介していきます。

風俗専業のメリットやデメリット

少しでも多くお金を稼ぎたいなら専業がオススメ

前回の風俗コラムでは風俗と昼職を掛け持ちする
メリットやデメリットをお伝えしました。
今回は風俗専業で働く場合のメリット・デメリットをご紹介していきます。
まずはメリットから。
風俗を専業にする場合の最大のメリットは高収入です。
もし仮に昼職と同様に一日7~8時間働くと
簡単に月収100万円を超えるでしょう。
とにかく少しでも多くのお金を稼ぎたいという方は
風俗専業で働くことをお勧めします。
また、そこまで多くのお金は必要ないけど
短い時間である程度のお金を稼ぎたいという人にもお勧めです。
風俗は短時間でも高収入を得る事ができるので
時間を有効に使い、週に3日だけ働くといった
ワークスタイルも可能になるのです。
また、風俗を専業にする事で
指名料やオプション料金などのバック率がアップする
お店もあるのでより効率的に稼ぐ事ができます。
次のメリットは勤務時間が完全自由。
自分が働きたいときだけ働いて、
気分が乗らない日は休む。
こんな働き方ができるのが風俗専業のメリットですね。
友達と遊ぶ時間を作ったり勉強する時間を作ったりなど、
簡単に時間を作る事ができるので
自分の好きなペースで働く事ができるのです。
また勤務時間も定められていないので
1時間だけ働いて帰っても誰にも文句は言われないのです。

下着姿の女性

続いて専業のデメリットについて。
まず最初は風俗の仕事に慣れ過ぎて昼職に戻りづらくなること。
自分がやりたい仕事が見つかり、いざ風俗の世界を辞めようと思っても
中々難しいですよね。
昼職に転職する場合にはほとんどの場合、
面接や書類選考があるので
自分が風俗で働いていたことを
正直に書く訳にはいきませんよね。
どうしても空白の期間ができてしまうので
上手く誤魔化さなければいけません。
また、生活リズムが夜から昼に逆転するので
身体が慣れずにキツい思いをしてしまうこともあります。
次のデメリットは自分に甘えてしまいがちになる。
風俗の仕事は全て自分でスケジュール管理できるので
好きな時に出勤して好きな時に休めますが、
出勤があまりに不特定だと指名してくれる
リピーターのお客さんが付きにくくなります。
また、普通の仕事に比べて高収入を得られるので
お金使いが荒くなる可能性があります。
自分に甘えてしまい堕落した生活を
送る事になってしまう可能性もあるので
十分注意しましょう。
2回のコラムに分けて掛け持ちと専業の
メリットやデメリットをご紹介しましたが
如何でしたか?
自分に合った働き方を見つけることができるので
それぞれの特徴を理解して上手に働くようにしましょう。